コンポストで出来た堆肥がいらないとき、何ゴミで捨てればいいの

本サイトにはプロモーションが含まれています

生ゴミ削減にコンポスト

生ゴミの処理で困っていませんか?

毎日料理を作っていれば必ず出るので仕方ないことですが、ちゃんと処理しないとニオイが出たり、虫がわいたり大変なことになってしまいます。

一週間に二回、可燃ゴミの回収日にうっかり出しを忘れてしまうともあったのではないでしょうか。

そんな出し忘れた生ゴミですがニオイが気になるからといって、外に出してしまうとカラスに食い散らかされてしてしまうかも知れません。

生ゴミをもっと簡単に処理する方法は無いのでしょうか。

そこで思いつくのが生ゴミコンポストです。微生物の力で生ゴミを分解して処理するのです。

生ゴミが無くなってしまえばゴミ出しの仕事はずいぶん楽になりますよね。

ただコンポストは生ゴミを処理するといっても、全て無くなるわけではありません。生ゴミのカサは減るものの、そのかわり堆肥が出来るのです。

この堆肥は家庭菜園や観葉植物などに使えますが、そもそも堆肥がいらない人もいます。そんな人にとって堆肥はやっぱりゴミなのです。

コンポストの堆肥は何ゴミ?

コンポストで出来た堆肥を捨てる場合は何ゴミになるのでしょう。

生ゴミは可燃ごみだから、それから出来た堆肥も可燃ごみだと思いますよね。

でもコンポストの方法によっては捨てられない可能性も有るので要注意です。

多くの自治体でははゴミとして捨てられません。

もし生ゴミを土と混ぜて作るコンポストだと、それは捨てられない堆肥になってしまいます。

捨てられる堆肥はあくまでも生ゴミで作ったものだけ。土が混ざっているとダメなのです。

自家製コンポストでは生ゴミと土を混ぜて作る事が多いので、土と堆肥が混ざっている場合、それらを分別することは難しく、結局捨てられないのです。

だから生ごみ処理を目的とするコンポストであれば、土を使わないコンポストでなければいけません。

土を使わない「ナクスル」

堆肥はいらないけど生ごみコンポストをしたい人におすすめの商品をご紹介します

生ごみ処理機「ナクスル」です。ナクスルは電気式の生ごみ処理機で土は使いません。

替わりにバイオ剤という微生物がたくさん住み着いたものを入れます。

あとは生ゴミを入れるだけ。とっても使い勝手のいい生ごみ処理機です。

土は使わないので、できた堆肥は全て可燃ごみとしても捨てられます。

ナクスルの価格は販売公式サイトで¥127,600円[税込]で販売されています。助成金を準備している自治体もありますので、購入する前に一度相談してみるといいと思います。もし助成金の対象であれば、もっと安く買えてお得になります。

毎日の生ごみ処理に困っているなら、十分価値はあります。

またナクスルは28日以内であればいつでも返品・返金可能なので心変わりしても大丈夫。安心して購入することが出来ます。(バイオ剤未開封が条件)

\生ゴミコンポストで堆肥がいらない人はコレ/




ナクスルの便利な使い方

ナクスルは室内で使えるよう開発された生ごみ処理機なのでニオイの対策に力を入れています。

一般的にコンポストはうまく分解している時は乳酸菌のニオイが発生したり、あまりうまく分解できない時に硫黄臭のニオイが発生したりします。いずれのニオイもこのニオイが室内にあふれている状況はよくありません。

なのでコンポストは屋外に設置することが多いのですが、ナクスルはニオイが出ないので生ゴミの発生場所であるキッチンに置いて使う事が出来るのです。

キッチンに生ごみ処理機が置けるのは大きなメリットです。水気を切った生ゴミがすぐに投入できるので料理中でもキッチンが生ゴミであふれません。

料理しているとシンクにどんどん生ゴミが溜まってしまいますよね。生ゴミのせいで使い終わったフライパンやボールのような大きな調理器具も置きづらくなります。

食材や調理器具を洗うのにシンクが広く使えるのはありがたい事です。スーペースに余裕があるだけで家事の効率はUPするのです。

仮に料理をしない時でも常にシンクの近くにナクスルを置いておくのは邪魔な場合であれば、ナクスルを台車に乗せて使っても便利です。

使うときだけナクスルを転がしてシンク脇に持ってきて、料理が終わったらまた元の場所に戻すといった使い方です。そのときは延長コードで電源を長めにしておきましょう。いちいち電源を抜くのも大変だからです。

しっかり混ぜるから分解が早い

ナクスル内部イメージ

生ゴミを早く分解させるためには、適切な温度と空気の管理が重要です。

人間が生活するのと全く同じですね。

微生物も生き物なので、活発に分解してもらうには環境整備をしてあげましょう。外に置いたコンポスターはどうしても外気温度に強く影響を受けてしまいます。

冬場に分解が進まないのは微生物が寒がっていて、逆に夏場は暑すぎて夏バテています。

また微生物も呼吸していますので、新鮮な空気に触れさせることが大切です。人間も酸欠だと頭がボーっとするのと同じで、菌も息苦しくなって元気がなくなってきます。

ナクスルは室内で使います。という事はそれだけで温度管理が出来ています。なぜなら人間が自分自身のために快適になるようエアコンなどで温度管理しているからです。

それがそのまま微生物にも快適な温度になっているのです。そして微生物が出す発酵熱がさらにプラスされ、より活発に分解が進みます。

次に新鮮な空気に触れさせることが大切という事ですが、ナクスルの内部には4つ羽が付いていて、それがゆっくり回転して生ゴミを撹拌し、微生物に新鮮な空気を与えています。

新鮮な空気をたくさん吸った微生物は元気に活動してくれるのです。

これら温度と空気の2つの要素を電気的にコントロールすることで外に置いただけのコンポスターとは比べ物にならない程、生ゴミの分解能力が高いのです。

手動のコンポスター、いわゆる生ゴミを入れて後は人が時々かき混ぜるるだけのものは比較的安くて試しにやってみるにはいいかなと思うかも知れませんが、実際にやり始めるとその手間が面倒です。

継続できなければ失敗してしまい、もう一度コンポストにチャレンジしてみようとする気持ちも無くなるかもしれません。これはすごくもったいない事です。

購入後の手間や効率まで考えるとナクスルを購入したほうが、多少高くてもその金額差を埋めるだけの満足感は十分にあると思います。

まとめ

コンポストで出来た堆肥は何ゴミになるの?という疑問にお答えした。

自治台によって考え方が様々ですが処分できないという事は有りません。

ただ土と混ぜて作るコンポストの場合は堆肥をゴミとして出せない場合が多いので注意しましょう。

はじめから堆肥がいらないから処分したいと思っている人は土を使うコンポスターは選択肢から外しておきましょう。

そんな人のにおすすめなナクスルという生ごみ処理機をご紹介しました。ナクスルは土を使わず、バイオ剤という特殊な材料を使うので堆肥を可燃ごみとしても捨てられます。

生ゴミ削減に効果の高いコンポストは自治体も補助金を出すほど期待していますので購入する前にはお住まいの自治体に確認しましょう。

生ゴミ削減は家庭のゴミ出し負担が軽減でき、しかも環境に優しいので是非取り組んでみたいですよね。